読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

【終了】Kindleストアの年始50%OFFセール他から、注目作品ピックアップ

電子書籍 電子書籍-セール情報

f:id:ornith:20170103185012j:plain

※本セールは終了しました

 年末年始といえば、Amazon Kindleストアの電子書籍セール。

 おなじみ「KADOKAWAコミック・ラノベセール」はもちろんのこと、出版社を跨いだ「Kindle本まとめ買いセール」もあり、ほかにもミステリーや新書のセールも併催中の模様。……あまりに対象商品数が多すぎて、毎度ながら訳のわからない状態になっております。

 そんなわけで今回も、各セールから個人的におすすめの作品、気になった本などを、独断と偏見でピックアップ。さすがにすべての作品について紹介文をまとめるのは無理なので、特におすすめの本は冒頭でまとめました。

 その下に「『まとめ買いセール』対象商品」「コミック」「ライトノベル」「ビジネス書・実用書」と続く形で羅列しておりますが、こちらは特に紹介文もあらすじも載せておりませんのであしからず。「何千冊もチェックしてられないよ!」という方の参考になりましたら幸いです。

 

私的おすすめ本ピックアップ

【50%OFF】彼女の季節 ―少女アラカルト―

 Twitterをはじめ各所でもたびたび話題になっていた、にいちさんの短編マンガ作品集。多くはウェブ上でも読むことができるものの、ファンとしては一冊通して読める形で持っておきたかったので。

 ウェブ未公開の描き下ろしでは全作品の主要キャラクターが登場し、各々の「その後」が垣間見えるストーリーになっていて良かったです。それぞれは独立した短篇でありながら、どこかでつながっている感じがまた好み。【感想記事

 

【55%OFF】下読み男子と投稿女子

 徹頭徹尾、きれいにまとまった王道の青春モノ。会話文が多めの文章に、徐々に縮められていく2人の関係性、恋愛感情へと至る前のもどかしさ、導き手としての魅力的なサブキャラクターに、悪者のいない優しい世界。見せ方はどちらかと言えば少女マンガっぽくはあるものの、程よく “ライトノベルしている” 作品という印象でした。

 しかし一方では、とにかく「物語」と楽しく向き合うキャラクターたちから我が身を省み、考えさせられる部分も。楽しいもの、好きなものを素直にそうだと言える、そんな大人に、僕はなりたい。 【感想記事

 

【50%OFF】たまらん!(1巻)

 「余命一週間」から始まるドタバタラブコメ。型通りのハーレム展開かと思いきや、蓋を開けてみれば男3・女3のゴチャゴチャ多角関係でござった。相関図を書こうとすると矢印があっちゃこっちゃに伸びており、それをほぼ把握しているのは主人公のみ。

 今後の波乱を想像させる終わり方になっており、設定に終始した1巻ながら最高――まさしく “たまらん” 作品です。言葉遊びと会話のやり取りもおもしろく、早く続きが読みたい期待作。……ただ、問題は、続刊が発売される気配がまったくないこと。お願いします……。【感想記事】 

 

【50%OFF】本の「使い方」

 「本を読みたい!」という読書に対する欲求を、「本を読まねば!」という義務感にまで底上げしてくれる読書論。個人の経験談や成功体験を語るビジネス書にはNO! を叩きつけ、長年に渡って綾鷹ばりに選ばれ続けてきた “古典” を勧めている。

 ――とはいえ、普段は読まない人は何から手を出せばいいのか敷居が高い印象もあり、読み進め方もわからないはず。その点、本書ではそういった問題もしっかりと取り上げたうえで、年代別・考え方別にも100冊以上の本を参照。超親切設計である。

 著者は、幼いころから “活字中毒” だったというライフネット生命保険株式会社会長・出口治明さん。文章を読むだけで「あ、この人すげえ頭良いわ」と感じたのは久しぶりだった。潜在的に「読書」に関心を持っている人に対して即座に本を読むべく駆り立てるような、そんな魔力を持った本。【感想記事

 

【50%OFF】ひとりぼっちを笑うな

 蛭子流「ぼっち論」。集団に属するから、肩書きを持つから、レッテルを貼られるから、疲れる。それならば常に自分をレベル1だと見積もっておくことで、他人から規定されず、自分の価値観で戦うことができるようになるのではないか。

 ――そう、イメージするのは常に最弱の自分だ。ぼっちだろうがリア充だろうが非モテだろうが、自分を「内向的」な性格だと感じている人に広く勧めたい。こうして見ると、ひとりぼっちも案外悪くない。自ずからそう思えてくる一冊です。

 全体的にユルい文体が続き、ツッコもうと思えば矛盾もあるのだけれど、「それでもいいじゃないか」と思わせてしまうのは蛭子さんの人徳によるものなのだろうか。周囲の意見やツッコミを「そういうのもあるよね」と認めつつ、自然と流しているように見えるのはすごい。【感想記事

 

【60%OFF】ネットが生んだ文化

 川上量生さんによる監修の下、全8章・計8人の筆者によって「ネットカルチャー」について論じられた一冊。執筆陣には、ばるぼらさん、佐々木俊尚さん、小野ほりでいさん、荻上チキさんなど。

 焦点となるのは、序章で語られる「ネット原住民」と「ネット新住民」という区分。ネット上に存在する軋轢の大多数はこの二者間の“文化的衝突”であり、互いの不理解・不寛容によるものである、と。ネットの根底に流れる「ネットカルチャー」と価値観は、黎明期に原住民の中で自然発生し、脈々と受け継がれてきたもの。なればこそ、その流れを汲んだ本書は「ネット」を知るための参考書となるのではないかしら。【感想記事

 

【50%OFF】文章力の鍛え方

 “文章力の鍛え方”という表題が踊る本書だけれど、その実態はどちらかと言うと「思考力の鍛え方」にほど近い。曰く、 “文章を書くということは、根拠を明確に発信すること” であり、そのためには論理的にモノを考える活動が必須となる、と。だが、それだけでは不十分だ。論理的思考は文章力を鍛えることによって養われ、文章を書くためには根拠を明らかにした思考法が必要となる。

 要するに「書く力」と「考える力」は並び立つものであり、どちらかが欠けていても「文章力」は鍛えられない。そこで、本書は主に「思考力」の養い方に焦点を当てており、文章を書く前に必要となる「論」を65の視点から提案する内容となっている。「何を書けばいいんだろう」とスタート地点で悩み立ち止まっている人には、第一歩目を踏み出す力をもたらしてくれるはずだ。【感想記事】 

 

コミック

【50%OFF】君の名は。(1巻)

 

【50%OFF】WEB版 WORKING!!(1巻)

 

【50%OFF】クズの本懐(1巻)

 

【50%OFF】ハーモニー(1巻)

 

【50%OFF】おとうふ次元(1巻)

 

【70%OFF】砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない(上下巻)

 

【50%OFF】 弁天ロックゆう。(全1〜3巻)

 

【50%OFF】ニンジャスレイヤー(1〜8巻)

 

ライトノベル

【51%OFF】りゅうおうのおしごと!(1〜2巻)

 

【50%OFF】この素晴らしい世界に祝福を!(1〜3巻+スピンオフ4冊)

 

【50%OFF】ここは異世界コンビニ デモン・イレブン(1〜3巻)

 

【55%OFF】この恋と、その未来。(1〜5巻)

 

【81%OFF】文句の付けようがないラブコメ(1〜5巻)

 

【50%OFF】変態王子と笑わない猫。(1〜11巻)

 

【50%OFF】ゼロの使い魔(1〜21巻)

 

【50%OFF】“文学少女”シリーズ(外伝含む全巻)

 

【49〜63%OFF(一律232円)】フルメタル・パニック!(全巻)

 

ビジネス書・実用書 

【50%OFF】コミュ障は治らなくても大丈夫

 

【68%OFF】ルールを変える思考法

 

【50%OFF】任天堂ノスタルジー

 

【50%OFF】「カゲロウデイズ」で日本文化史が面白いほどわかる本

 

【50%OFF】死ぬってどういうことですか?

 

【50%OFF】図解 世界一わかりやすい キリスト教

 

 各種セールページ 
  • 【50%OFF】KADOKAWAコミック・ラノベセール(1/5まで)
  • 【50%OFF】2016年 本当に役立ったビジネス&実用書ランキングフェア(1/5まで)

 

 参考ページ  Kindle年末年始セール|アマゾン公式、アガサ・クリスティ全作半額、KADOKAWA50%OFFがバァーンと開催中 - きんどう

 

 関連記事