読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

両面焼きそば『あぺたいと』で久々の焼きそばに夢中になる

グルメ グルメ-ランチ

 麺類が好きです。もはや国民食と言っても間違ってはいないだろうラーメン先輩はいざ知らず、たまにはあっさり蕎麦を食べたいお昼もあるし、ちょっと濃厚なパスタをもぐもぐしたい夜もあるし、四国へ行ったらウドゥーンは欠かせない。麺類はいいぞ。

 しかし一方で、近年めっきり食べる機会が減ってしまった“麺”があることに気づいた。――そう、「焼きそば」である。少年時代は毎年のように夏祭りで買って食べて、高校・大学の文化祭では時に焼く側になって振る舞うこともあり、イベント会場でもおなじみの、焼きそばである。

 

焼きそば

 理由は間違いなく、「お祭り・イベントに行く機会が減ったから」でござろう。お祭り会場に行くにしても、おっさんが買うのは缶ビール&サワー&日本酒&おつまみ。がっつり系のメシとまとめてコンビニで買ってくる場合すらあり、屋台のお世話になる機会も少ない。

 ひとたび気がついてしまえば、自然と高まる焼きそば欲。鉄板のジュージュー音も今となっては久しく、ソースの香ばしい香りも懐かしいーーとくりゃあ、行くしかないっしょ! 焼きそば祭りじゃー! ひーはー! ……というわけで、行ってきました。焼きそば食うため、高島平へ。

 

荒川サイクリングロードの帰り道

荒川サイクリングロード 紅葉

 秋晴れに恵まれた某日。土手沿いの色づいた木々を眺めつつ、ロードバイクで荒川サイクリングロードをぶらっと走った帰り道。まだまだ自転車初心者ということもあり、往復50kmでひぃひぃ言いながらペダルを漕いでいた道すがら、とあるお店におじゃましました。

 

あぺたいと本店高島平店

 都内に5店舗を構える両面焼きそば専門『あぺたいと』さん、その高島平本店でござる。テレビや雑誌でも話題らしい“両面焼きそば”、ご存知の方も多いのではないかしら。

 今回、「焼きそば食いてえ!」で検索していくつかの店舗をメモっていたのですが、そのなかでもたまたまこちらのお店が荒川に近く、ちょうど帰り道にも重なっていたため、この機を逃すわけにはいくめえと立ち寄った格好です。噂の両面焼きそば……どんな感じなんじゃろか。

 

カリカリ&パリパリが癖になりそう

 引き戸を開けてお店に入ると、まだ飲み始めるには早い夕方の時間帯のせいか、お客さんの姿はまばら。ジョッキ片手にできあがっているおじさんコンビと、カウンター席には若者が2人。居酒屋然とした、良い感じの雰囲気でござる。

 カウンターの端っこに失礼し、注文を済ませて待っていると、お店に代わる代わる入ってくる人が2人、3人……いや、いっぱい。ご近所さんらしいおじいちゃんから、作業現場から晩飯の調達に来たらしいお兄ちゃんなどなど、見ればお持ち帰りで焼きそばを買いに来た様子。テイクアウト……そういうのもあるのか! 電話予約もできるっぽい。

 

あぺたいと 両面焼きそば

 店内のお客さんは少ないわりに忙しそうな厨房をチラ見しつつ、待つことしばし。香ばしいソースの香りとともに運ばれてきたこちらが、焼きそば【小】玉子付き(700円)です。小・中・大とサイズがありますが、小サイズで。プラス50円で生玉子付き。

 

あぺたいと 両面焼きそば

 パッと見た感じは、お祭りの屋台で買う一般的な“焼きそば”と大差ない出で立ち。もちろん、立ち上るソースの香りは食欲をそそるし、小サイズの割にそこそこ盛られた麺と具材の頂点に君臨する生玉子ちゃんを、早く串刺しにしたい欲求にも苛まれはするのだけれど。蹂躙したい。

 ともあれ、長距離を走って腹ペコの胃袋を満たすべく、まずは一口。……うむ、普通のソース焼きそば、香ばしくておいしい焼きそばだ。もっちり麺にソースが……ん? もっちり麺が……? もっちり麺じゃ……ない!?  ……パリパリだ! カリカリ&パリパリの歯ごたえだ! うめえ!!!

 

あぺたいと 両面焼きそば

 “両面焼きそば”と聞いた当初は、てっきりお好み焼きのような、あるいはベビースターラーメン的なパリパリ感を想像していたのですが、見た目は普通の焼きそば、なのに明らかなパリパリ感が伝わってきてびっくり。外側がアルデンテだ! やべえ! なに言ってるかわかんねえ!

 この歯ごたえと香ばしさが癖になる感じは、例えるなら――そう、ごはんの「おこげ」のような。麺の全部が全部パリパリなわけではなく、けれどもぐもぐしていると高頻度で当たる固めの食感がたまらない。そこに豚肉ともやし、さらに生玉子も加わって、こりゃもう最強だわ。

 

 どのくらいおいしかったかと言えば、焼きそばにおいて欠かせない「アレ」を忘れるほど。食べ終えて大満足、幸せに満ち満ちたお腹をさすりさすり外に出て、自転車に跨り、はたと気づいた。……そういや、せっかくの焼きそばなのに、青のりをかけないで食ってたぞ! うおォン!

 思い返すと、卓上には青のりをはじめとするトッピング類がちゃんと用意されており、視界にも入っていたはずなのに、一口で焼きそばに心奪われて見えなくなっていた模様。青のりを忘れて頬張るとか、我ながら夢中になっていたとしか思えない。次回は忘れないようにしなきゃ……。

 ともあれ、ごちそうさまでした!

 

店舗情報

関連ランキング:焼きそば | 新高島平駅高島平駅西高島平駅

 

関連記事