読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

【日記】コミティア行ってきた/Kindleセールかいつまみ

サブカルチャー サブカルチャー-同人誌

f:id:ornith:20160505225159j:plain

 

 どもども。メロンパンフェスティバルに行きそびれた僕です。入場無料と聞いて、「カリカリモフモフ好きとしては行くしかねえ!」と思っていたのに……前日になってからよくよく確かめてみたら、まさかのチケット制。当然ながら完売となっており、泣く泣く諦めたのでした。

 というわけで、5月5日はコミティアを楽しむことに――したつもりだったのですが、微妙に寝坊。最速で向かっても中途半端な時間になってしまい、お目当てのサークルさんは完売必至であることが想像できたので、入場フリーになるタイミングでまったりと巡ることにしたのです。

 なんともグダグダなGWでございますが、たまにゃーそういった出来事を適当に書き散らしてみるのもありかなーと思い、パソコンに向かっている今。あとついでに、Kindleストアで訳のわからないレベルで広範囲のポイント還元セールが開催中ということなので、ざっくりとおすすめをば。

 

 

コミティアでまったりお宝探し

 「コミティア」は、いわゆる“同人誌即売会”。かの有名な「コミックマーケット」と比べれば規模は小さいものの、あまた存在する即売会の中では大規模な部類に入るイベントでございます。

 特徴としては、「創作(オリジナル)」ジャンルに限定された即売会だという点。コミケで見られるような二次創作の頒布は禁止されており、各々のサークルの完全オリジナル作品のみを取り扱っております。“オリジナルオンリーの即売会”としては、間違いなく最大級ですね。

 

 

 一例として、上記記事で取り上げたようなサークルさんが参加しておられます(こちらはちょっと偏りがありますが……)。もちろんオリジナル漫画やイラスト集も数多く、他にも文芸・歴史・旅行記などなど、幅広いジャンルの同人誌に触れられるという魅力がござる。

 

 

 ちょうど先日も、ドラマ『重版出来!』の劇中でも登場した――というか、「本物のイベントとしてスタジオ内に再現した」という、その本気っぷりが尋常じゃない舞台演出が話題となったそうで。記事中写真の“企業出展”が、今日見てきたものと全く同じで笑えてくるくらい。ぱない。

 

f:id:ornith:20160505232409j:plain

 

 ――とまあ、今日はそんなコミティアへ足を運んできたのですが。冒頭で書いたように中途半端な時間に到着してしまったので、お買い物は控えめな形で終わったのでした。好きな作家さんを主に巡りつつ、ぶらぶらと歩きながら気になるサークルさんをチェックしていたような格好。

 文学フリマなんかもそうだけど、コミティアは見本誌コーナーがあるのも嬉しいポイント。島ごとにまとめて置いてある頒布物を手に取って読むことができるので、気になるサークルさんに“アタリ”を付けてから、場内のお宝探しに出かけることができるのです。人見知りとしてもありがたい。

 そんなこんなで、ここ最近で自分が参加した同人誌即売会としては、近年稀に見るまったり具合で見て回り、今日のコミティアは幕を閉じたのでした。……と言っても、連休明けくらいには委託販売分を買いあさりに行くつもりなので、そこで諭吉がぶっ飛ぶはず。わぁい。

 

 オンリーはあまり行かないので、次の大きな即売会は、夏コミになるのかな……。
 なんだかんだともう5月。夏はすぐ、そこまで迫っているんだよ!!

 

Kindle20%ポイント還元セール対象商品かいつまみ

 

 さて、問題のKindleセールでござる。20%とはいえ、せっかくお得なセールなのに、なんかもう規模がでかすぎてどこから手を付けたら良いのかわからない状況。とりあえず、買ってなかった新刊はあらかたポチポチしてました。

 忘れていた新刊、もしくは、気になっていた話題書。そういった本に手を出す一方で、ふと思ったのが、「逆に、普段はあまりセールにならないような本をポチっておけばお得なんじゃね?」と。買おうか悩んで、とりあえずほしい物リストに突っ込むだけで放置していた本とか。

 

 そこで思い至ったのが、KDP本でござる。――そうなのです、よくよく見てみたら、ブロガーの個人出版電子書籍も、あらかたポイント還元対象になっているようなのです。

 これを逃す手はあるめえ! ……ということで、自分もちょいちょい気になっていたKDP本(主にブロガー本)などをざっくり羅列してみました。探そうとすれば、まだまだあるはず。

 

 

ついでのおすすめ

 最近のおすすめ本として、感想記事をいくつか。

 

 

 『やが君』はよいぞ……よいぞ……。

 

関連記事