読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

最大6ヶ月充電不要!MISFITの活動量計「SHINE 2」を買ったよ

ガジェット

f:id:ornith:20160329185549j:plain

 

  MISFITの活動量計「SHINE 2」を購入したので、ざっくりとご紹介。

 

 

「MISFIT SHINE 2」 は、何ができるの?

f:id:ornith:20160329185555j:plain
Misfit Shine 2 | Advanced Fitness + Sleep Monitor

 

 2016年1月29日、MISFITが新たに発売した活動量計が、この「SHINE 2」。同様のフィットネストラッカーだと、自分は過去に「FuelBand SE」と「Fitbit One」を購入して使っていたことがあり、こちらが3つめになりまする(FuelBandは2つ買ったけど、どっちも壊した)

 

  • 運動量の記録(歩数、距離、消費カロリー)
  • 睡眠の記録(時間、質)
  • バイブレーション(着信、アラーム)
  • 防水(50m防水)
  • 最大6ヶ月充電不要(コイン型リチウム電池)
  • アプリ「Misfit Link」との連携(随時対応予定?)

 

 公式サイト上で大きく紹介されている機能・特徴は、このような感じ。基本的な活動量計のポイントは抑えつつ、個人的には「最大6ヶ月充電不要」が大きな魅力なのではないかと思っております。

 他の管理系ガジェットの場合、バッテリーに関しては、パソコンのUSBポートにぶっ刺して充電(+同期)するタイプのものが多いはず。それ自体はさほど大した手間ではないものの、毎日やろうとすると、若干の面倒臭さを感じることもあるんですよね……。

 その点、こちらの「SHINE 2」はコイン型のバッテリーで長期間の利用を前提としており、同期もBluetooth接続。それこそ、半年間ずっと手首につけっぱなしでも問題なく使えてしまうため、「残りのバッテリーが気になる……!」という、余計な懸念とは無縁に過ごせるのではないかと。

 

 

 ただし、あまりにシンプルなデザインゆえに、その時点での活動量を、デジタル時計のように本体で直接表示することはできない。表面を軽く「トントン」と2回タッチし、12個のLEDライトの点滅箇所で「時間」と「目標達成率」を大まかに知る格好。

 具体的な数値は、スマートフォンのアプリ、もしくはMISFITサイトにログインして確認する必要があるため、その作業を手間に感じる人もいるかも。もちろん、その場でスマホを操作するだけなので、余程こまめにデータを参照するような用途でなければ、全く問題ないようにも思います。

 

初期設定してみる

f:id:ornith:20160329185547j:plain

 

 ってなわけで、Amazonのタイムセールで注文したら翌日には届いたので、早速、開けてみる。――わぁい、 この“開封の儀”的な写真を撮るのも、ひさしぶりだー。

 

f:id:ornith:20160329185548j:plain

 

 と言っても、入っているのは、これだけ。リストバンドに装着済みの本体と、ポケットや襟に付ける場合に使うクリップ、それに説明書でござる。

 多言語で書かれている説明書とにらめっこしながら初期設定してもいいけれど、アプリさえダウンロードしてしまえば、あとはそれに従うだけ。何も悩む部分はないと思われますので、スイスイ~っと設定を進めてまいります。

 

Misfit
Misfit
無料
posted with アプリーチ

 

 アプリをインストールし、ログインしたら、まずは自分のデータを入力。性別誕生日身長体重の下に出てくる、「存在しているだけで〜」の文言が、なんだかシュール。

 

f:id:ornith:20160329185545j:plain

 

 続いて、目標設定。3段階から選べるようになっているので、自分の生活スタイルに合わせて選択すればよろしいかと。とりあえずは最初なので、最も控えめな「軽い運動」で設定。

 

f:id:ornith:20160329185546j:plain

 

 そうしたらデバイスの選択画面になるので、「SHINE 2」を選び、本体をチョンチョンっと叩いてあげて、あとは更新されるのを待つだけ。……3分くらいで終わったかな?

 

f:id:ornith:20160329185550j:plain
Androidスマホのバージョンが未対応だったので、iPadで同期。

 

実際に装着してみる

f:id:ornith:20160329185551j:plain

 

 設定が完了したので、何はともあれ付けてみる。SHINE 2本体はバンドから取り外すことができ、後述する“クリップ”の形でポケットに付けることも可能。

 激しい運動をしたら取れちゃうんじゃないか……と少しだけ不安にも感じましたが、実際に外そうとしてみると、結構しっかりと固定されている模様。よっぽど変な動き、かつものすごい勢いで手首に捻りを加えないかぎりは、大丈夫なんじゃないかしら。トイレにポチャンが一番こわい……。

 

f:id:ornith:20160329210735j:plain

f:id:ornith:20160329185552j:plain

 

 まずは普通に、手首に付けてみた。バンドはかなり長めに設計されているっぽく、それこそお相撲さんでもなければ、自分に適した長さに調整できるんじゃないかと思う。

 重量はほとんど感じられず、装着感も自然。かなりがっちりしていた「FuelBand」と比べても違和感なく、1日中つけていても、全く気になることがなかったです。

 特に嬉しいのが、本体表面がアルミ製になっている点。袖丈のある着物などを着る際、FuelBandをはじめとする全体がシリコン製のバンドだと、袖に引っかかって気になりがちだったんですよね。表面がツルツルしているSHINE 2は、その点で“引っかかり”が起きづらいように感じました。

 

f:id:ornith:20160329185554j:plain

 

 クリップを使って装着すると、こんな感じ。

 ……胸ポケットだと、ちょっと目立ちますね。どちらかと言えば、ズボンのベルト部分に挟んで付ける形のほうが、変に悪目立ちせず良いかもしれない。

 

実際に1日の活動・睡眠を記録してみた

f:id:ornith:20160329213347j:plain

 

 実際にSHINE 2を装着して1日過ごし、その記録をアプリで見ると、こうなった。「活動量」はあらかじめ入力した身長・体重を元に算出され、「ポイント」として可視化される形。――今日はあっちこっちへ徒歩で動き回っていたので、いい感じに“活動”していますね。

 ちなみに、同じく持ち歩いていたスマートフォンアプリの「Moves」で同様の記録を取ってみたところ、距離が7.8km、歩数が11,109歩となっておりました。当然、誤差があり、両方ともズレている可能性もあるものの、そこそこ正確なデータが取れているのではないかと思います。

 

f:id:ornith:20160329214216j:plain

 

 こちらは、昨晩の睡眠記録。寝入る前に特別な操作をする必要はなく、身につけたまま眠るだけ。「起床」「浅い睡眠」「深い睡眠」を色別に示し、睡眠の時間と質をそれとなく可視化してくれるようです。――これ、実は意外と正確なんじゃないかしら。

 というのも、ポイントは、朝方の“起床:19分”。自分の記憶違い、夢でなければ、トイレに行くべく早朝に起きた覚えがあり、おそらくそれがこの“19分”なんじゃないかと。その後は安定の二度寝タイム。すぐに「深い睡眠」に入っている模様。起きろ。

 

f:id:ornith:20160329185553j:plain
時間を確認するには本体を2回タッチし、LEDの点滅箇所で判別。画像は、“1:50前後”。

 

 ――そんなこんなで、まずは1日、「MISFIT SHINE 2」を使ってみたうえでの使用感をざっくりとまとめてみました。何よりもやっぱり「軽い」ため、快適な装着感が大きな魅力。あとはバッテリーを気にする必要がない点も、これから実感するようになることでしょう。

 とはいえ、1日だけではまだ何とも言えないので、しばらくは常に身につけて、活動量を記録するようにしてみまする。「Fitbit One」も一緒に付けて、それぞれのデータの差異を比較してみるのもおもしろいかも。また何かあったら、ブログに書くことにします。

 

 

関連記事