読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

「ブログ」を媒介に、ネットとリアルをつなげてみよう

ブログ ブログ-ブログ論

 先日、こんな記事を書きました。

 むっちゃ端的に噛み砕いて言うならば、「ネットを介した出会いは意外と怖くないよ! 楽しいよ! 気軽に参加してみようぜ!」というお話。今や無料イベント・勉強会の類も頻繁に開催されているし、もっと軽いノリで飛び込んでみてもいいと思うんだ。

 

個人やグループ主催のイベントが賑わっている

 過去に開かれていた「ネットで参加者を募集するイベント」と言えば、その多くは掲示板やSNS上で告知・募集の活動が行われていたのではないかと思います。

 それもなんとなく、閉じられたコミュニティ内の人間が集まるような。趣味を同じくする人が集まったmixiコミュニティだとか、ケータイサイトの掲示板だとか。2ちゃんねるは比較的、“開かれている”イベントという印象もありましたが……でもやっぱり、少し敷居が高いかしら。

 

 

 一方で最近は、このようなイベント開催支援サービスも整備され、個人だろうがグループだろうが企業だろうが、大小種別もさまざまなイベントが日々、あちらこちらで開かれておりまする。オフ会あり、勉強会あり、もくもく会あり。なんでもあり!

 スポンサーの付いているイベントなら無料ということもざらにありますし、個人主催による小規模のオフ会・勉強会ならば、場所代としてワンコインでOK、なんてのも普通。高い参加費を払って異業種交流会や街コンへ行かずとも、気軽に参加できるイベントが今、盛況です。

 ――あと最近はブログイベントも増えているから、みんな、ブログやろうぜ!

 

「ブログ」という名刺を引っさげて足を運ぶ

 僕自身、この数年間でそこそこの数のイベントに足を運んでは、隅っこのほうでこそこそと人見知りっぷりを発揮しつつも、いろいろと勉強させていただいたり、仲の良い(と一方的に思っている)ブロガーさんやネット友達もできたりしておりまする。

 ネットを介した集まりの何がいいかって、前提として「ブログ」や「SNS」の存在がある点だと思うんですよね。面と向かって話をする前から、知ろうと思えばその人の発言や価値観を“予習”することができる。だから、当日会ったときに話題に困らない。

 「……やべえ! 出会い頭に自己紹介をしたはいいけれど、話が続かねえ!」みたいに雑談が苦手な人間にとっては、そういった形で準備ができることはものすごくありがたいのです。あらかじめ共通の話題を探ることもできるし、ネット上の文章でもなんとなくその人の「顔」がわかるので、初対面でも安心でござる。

 

 

 そこに「自分のブログ」が加わると、安心感がマシマシ。としぞう (id:gerge0725)さんの記事では、“文章を書く仕事に応募する”際の話として言及されていますが、オフ会の場でも同様だと思います。「こういうブログで、こんなこと書いてます!」と話すだけでも意味はある。

 「ブログをやっている」ことや「ブログのテーマ」を伝えるだけでも話のタネになりますし、互いに知っている共通のサイトがあれば、その話題で盛り上がるかもしれません。さらに相手がブログに詳しい人であれば、自分とテーマが近いブロガーさんを紹介してもらえる可能性も。

 たとえコミュニケーションが苦手で、複数人が集まる場では口数が少なくなってしまう人だとしても。「こんなことやってるよ!」という自分の属性をブログを介して示すことで、話しやすくなる一面もあるのではないかと思います。ブログは、受け身ぎみな人の武器になるんじゃないかしら。

 ――ってなわけで、ブログやろうぜ!!

 

「おもしろそう」を中心に集まり、広がる

 ……とまあ、自然と「ブログ」的な話になってしまいましたが。

 

 テーマも参加者も規模も多種多彩なネットイベントでは、そこに足を運ぶ目的も人によって違うと想像されます。コネクションを築くべく営業活動に赴く人もいれば、ブログやSNSなどのネット上でやり取りをしている相手の“中の人”が気になって、という人もいるはず。

 自分の場合は、単に「おもしろそうだから」という理由で参加ボタンをポチっと押すのが大半……かな。知り合いがいようがいまいが、とりあえず気になったイベントにはふらふらと足を運んで、隅っこで壁に擬態しつつ様子を窺っているような感じ。変質者ではない。

 というかまず、何かしらの狙いを持ってイベントに赴いたところで、コミュ力も積極性も皆無である身としては、目的を達成するのは困難でござる。無理ゲー。まったく関心のない催しにお金を払ってまで行こうとは思えないし、漫然と話を聞いたところで何かを得られるかは怪しい。

 

 そんなこんなで、とりあえずは「おもしろそう」だったら参加してみる格好です。興味本位で向かえば“はずれ”を引くようなことはほとんどないし、そこで出会った人とあれこれ話して、時に「おもしろい」ことに巻き込んでもらえたり、巻き込んだりできる。たのしい。

 ネット上で何かしらの企画に参加するのもおもしろくはあるけれど、やっぱり面と向かって話すスピード感には敵わないんですよね。誰かが思いつきで言ったことが次のイベントにつながったり、思いもよらない人とつながることになったり。そんな想定外の刺激もあるからこそ、まずはふらっとでも、リアルイベントに足を運んでみてはいかがでしょうか。

 ――というかそれ以前に、やってない人はブログやろうぜ!!!

 

【悲報】本能寺で何かあったらしい……光秀ブログ炎上中!  歴史Web2.0

【悲報】本能寺で何かあったらしい……光秀ブログ炎上中! 歴史Web2.0

 

 

関連記事