読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

川越「オハナ」の玉子焼きは、やさしく甘く“ふぁふぁジューシー”!

グルメ グルメ-ランチ

f:id:ornith:20150714172658j:plain

 

 7月某日。「縁むすび風鈴」を見に行くべく、炎天下の市内を川越氷川神社へ向けて歩いていた、その道中。ちょっと遅い昼食を食べるお店は、前々から決めていた。

 玉子焼きで有名な「オハナ」さん。過去にテレビで取り上げられたこともある有名店らしく、週末のランチタイムには決まって行列ができるとか。先日、訪れたときは並んで待つ気が起きず、泣く泣く断念したこちらのお店。ついに今回、その玉子焼きにありついてきた。

 

 

蔵造りの町並みのすぐ近く、玉子焼きに自信アリ

f:id:ornith:20150714172700j:plain

 

 川越に縁のある人相手ならば、「仲町」の交差点、あるいは「マツザキスポーツ」の交差点を入って行ったところと言えば伝わるかしら。山崎美術館と観光案内所の間に店を構えているのが、玉子焼きで有名な「オハナ(OHANA)」さん。

 

f:id:ornith:20150714174918j:plain

 

 看板に加えて、店頭に貼ってあるメニューを見ると、何より“玉子”に力を入れていることがよくわかる。そこそこ良いお値段はするけれど、きっとそれだけ美味しいのでしょう。たぶん! きっと! おそらく!

 普段の自分ならば少しケチって、お安めの「極上親子丼」を頼むところだけれど、親子丼はつい最近に別のお店で食べたばかり。……とくりゃあせっかくだし、“オープン当初より人気の不動の名代メニュー”と書かれている「玉子焼き御膳」を頼もうそうしよう。

 

“ふぁふぁ”でやさしく甘い玉子焼き!

 お店の中はこじんまりとした内装で、これぞ“町の定食屋”といった趣。「研修中」の名札をつけたアルバイトらしきおねーさんも含めて、厨房には女性の店員さんしかいない様子。元気なおばちゃんの声が聞こえる……。

 

f:id:ornith:20150714175909j:plain

 

 注文の後、メニューを眺めていてふと気になったのが、こちらの文句。“ふぁふぁジューシーな大判玉子焼き”。うーむ……。“ふぁふぁ”とは、いったい……。

 推察するに、「ふわふわ」を超え過ぎて「w」を発音できなくなるほどに“ふんありやあらか”な玉子焼きなんだろうか。まさか、ちっちゃな「ぁ」をミスタイプすることなんてないだろうし。それともアレか。お年寄りの高笑いか! ふぁっふぁっふぁ……。

 

f:id:ornith:20150714172654j:plain

 

 ――なんてアホなことを考えていたら、御膳が出てきた。ほっかほかの白米には、おかかと昆布の佃煮。シンプルなスープに、きな粉と黒蜜のかかったわらび餅。そして、アッツアツの玉子焼き。「とにかく玉子焼きを味わえ!」と言わんばかりの、必要最小限の品目でござる。

 

f:id:ornith:20150714172658j:plain

 

 早速、一口目から玉子焼きをいただく。

 

 お箸をいれると簡単に切れて、口に入れるとふんわり……じゃなかった、“ふんあり”広がる玉子焼きの食感。同時に、滴りすぎず、程良い量の出汁の味と香りも感じられ、鼻腔に抜けていく感じが心地よい。

 ――うん、確かに、“ふわふわ”と形容するよりは、“ふぁふぁ”と表現したほうがしっくりくる。パンチのある甘さではなく、かと言って薄過ぎもせず、俗に言う“やさしい甘さ”でござる。薄味の割に香り豊かで、舌だけでなく鼻にまで広がる甘さでダメ人間になりそう。

 そうした“香り”を重視しているがためか、玉子焼きに添えられているのは大根おろしではなく、わさび。お箸の先にほんのりつけて一緒に頬張ることで、やさしく包まれて“ふぁふぁ”になりかけていた頭をキリリと整えてくれる。ふぁ、ふぁ、ふぁっくしょーい!

 

f:id:ornith:20150714172657j:plain

 

 やさしさ溢れる玉子焼きとは対照的に、強く味覚に訴えかけてくるのは、ご飯に盛られた佃煮。わさび先輩と力を合わせて、“ふぁふぁ”になりかけた頭を「ハッ!」と叩き起こしてくれる、懐かしくも味わい深い本格派。正直、これだけでもごはんがごはんがススムくん。うめえ。

 

f:id:ornith:20150714172656j:plain

 

 “ふぁふぁ”と、我に返るのを繰り返し繰り返し――たまにスープで小休止しつつ――最後に辿り着いたのが、わらび餅。きな粉の量は控えめで、黒蜜の甘さもあっさり系。食後に食べるには最適の甘さと量といったところ。無駄なくお腹の膨れる、すばらなお昼ごはんでした。満足也。

 すべては、“ふぁふぁ”な玉子焼きを味あわんがため、最適化された品目とも言わんばかりの御膳。思わぬ出会いに気分は最高潮に達し、そのノリのまま「縁むすび風鈴」に向かうのでありました。ごちそうさまでございました。また行こう。

 

店舗情報

玉子焼 おはな OHANA
ジャンル:親子丼
アクセス:西武新宿線本川越駅東口 徒歩11分
住所:〒350-0065 埼玉県川越市仲町2-2(地図
周辺のお店のプラン予約:
うりずんの風 のプラン一覧
全席個室ダイニング 忍家 志木駅東口店のプラン一覧
ヒロちゃん のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 川越×親子丼
情報掲載日:2015年10月23日

 

関連記事