読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

六本木「鶏匠たけはし」の名物親子丼は、ふわとろで味わい深い!

グルメ グルメ-ランチ

f:id:ornith:20150625171008j:plain

 

 国立新美術館に向かう前に立ち寄ったお店で食べた、親子丼。
 その驚きの“ふわとろ”具合に、これは感想を書かざるをえない。

 

 

ヒルズとミッドタウンの中間、“鶏”にこだわった名店

 あるお昼過ぎ、国立新美術館へ向かう道中で見つけたのが、こちらのお店でした。

 

f:id:ornith:20150625114021j:plain

 

 「鶏匠 たけはし」さん。“たかはし”さんじゃなくて、“たけはし”さん。後で調べてみると、渋谷に本店を冓える有名な地鶏料理店はし田屋さんの系列店らしい。

 聞くところによれば、あのマツコ・デラックスさんも絶賛した親子丼が名物だとか。ほほー。関係ないけど、ここ数年のグルメ界隈における「マツコがイチ押し!」の信頼感はすごいですよね。で、実際に食べてみると本当に美味しいから困る。

 

 そんな「たけはし」は、系列店の中でも特に“鶏”にこだわり抜いた料理を提供している名店。比内地鶏、赤鶏、讃岐コーチン、博多地鶏、大和肉鶏など幅広い“鶏”を取り扱っているそうな。食べログを見ると、8時間以上炊き上げたコラーゲンたっぷりの”しろ炊き”がおすすめだという文句も。なにこれ超うまそう。

 

f:id:ornith:20150625114020j:plain

 

 今回はランチタイムに訪れたため、そうした多彩な“鶏”を味わうことは叶いませんでしたが。――とは言え、お昼のメニューも美味しそう。いや、絶対に美味しい。

 お値段も1,000円以内で収まるようだったので、迷わず入店。鶏と卵が僕を呼んでいる、そんな気がしたんだ。先日のだし巻き卵の話じゃないけど、これからは、卵ラブなキャラでグルメ記事を書くようにしよう、そうしよう。たまごラブストーリー。

 

色濃く味わい深い、激ウマ親子丼!

 お店に入ると、13:00過ぎにも関わらず、そこそこのお客さんの入り具合。ちょいと遅めのランチタイムを、同僚とゆったりまったり過ごしているサラリーマンと思しきお客さんが多かったです。そりゃあね、天下のギロッポンですしね。

 厨房の中までよく見える、開放感あふれるカウンター席へ通してもらい、迷わず「名物親子丼」を注文。「石焼き鶏ごはん」も若干気にはなったけれど、初めてのお店ではおすすめっぽい料理を選択するのが常なのです。一番最初に書いてあるし、“名物”と言うくらいなら安心でしょう。

 

 近くの席から聞こえてくる、IT系企業っぽい社員さんが話す単語にちょいちょい反応したり、やたらと「うめぇよ……うめぇよ……!」と繰り返しながら話している2人組に「(そこまでか!)」と内心ツッコんでみたり。そんなこんなして待っていると、10分ほどで料理が運ばれてきました。

 

f:id:ornith:20150625114017j:plain

 

 名物親子丼、900円也。メインの親子丼のほか、お味噌汁とお漬物、小鉢には、ちっちゃな冷奴が入っていました。かわいい。

 

f:id:ornith:20150625114019j:plain

 

 蓋を開ければ、絶妙なふわとろ感の溶き卵の中から、あちこちで鶏肉がチラリ。中心にちょこんと乗せられた色濃い卵黄と、脇に添えられた三つ葉がステキな彩りを演出しております。ハラショー、こいつは力を感じる……!

 

 一口食べて、ほふぅ……と溜息。これは、確かに、むっちゃ美味い!

 

 卵料理と言えば、どの程度まで火を通すかという点で個人の好みも分かれてくるところですが、こちらの溶き卵は自分的にベスト。一般的な飲食店でよく見る、そこそこ火を通した親子丼と、生卵をぶっかけたTKGのちょうど中間くらい。ふわとろ感が最高じゃ!

 茨城県岩井産のこだわり卵に、新鮮な赤鶏を利用しているという食材の質にも納得。ふわふわとろとろの卵に柔らか鶏肉が程よく馴染んでおり、箸が進むわ進む。いやはや、これは素晴らしくジャストミートですわ(肉だけに)

 

f:id:ornith:20150625114018j:plain

 

 しかもしかも、中央の卵黄を絡めて食べると、さらに味わい深くなるという変化も楽しめる。出汁の加えられた溶き卵とはまた違う、濃厚な刺激が味覚を刺激してたまらん。思わず夢中になって、潰した卵黄を写真に収め忘れたくらい。うめぇよ……うめぇよ……。

 過去に何度か、「名古屋コーチンを使った親子丼!」の類を(名古屋市内含め)食べたことがありますが、それらにも引けをとらない――というか、これまで食べた親子丼の中でも最上位に位置するくらいに絶品でした。これは忘れられそうにない。また食べに来たいっす。

 

 「たけはし」さんと同じ「はし田屋」さんの系列店は、本店の渋谷のほか、中目黒と札幌にもあるそうな。こちらの名物親子丼も提供しているそうなので、気になった方はぜひぜひ!

 

店舗情報・予約

鶏匠 たけはし 六本木店
鶏匠 たけはし 六本木店
ジャンル:六本木で旨い鶏を食す
アクセス:都営大江戸線六本木駅 2番出口 徒歩2分
住所:〒106-0032 東京都港区六本木7-17-19 FREG roppongi second 1F(地図
姉妹店:鶏鍋と石焼鶏 はし田屋 中目黒店 | はし田屋 渋谷本店
周辺のお店のプラン予約:
個室居酒屋 隠れ野 赤坂店のプラン一覧
平河町 旨魚 大漁光 のプラン一覧
レストラン&バー ENDLESS のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 六本木×鶏料理(鳥料理)
情報掲載日:2015年10月23日

 

関連記事