読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

ブログネタがないなら「当たり前」と「常識」を考えよう

ブログ ブログ-ブログ論

f:id:ornith:20140719180513j:plain
ゆうパックダンボーと会ってきたよ!白いなー! - ぐるりみち。

 

 ブログに書くネタがない?

 それなら、「当たり前」を見直してみればいいじゃない!

 

 

個人ブログがもたらす、唯一無二の「価値」

 芸能人、著名作家、学者、専門家、大手企業の社長――そのどれにも当てはまらない、一個人が趣味でやっている、ブログ。

 そんな、時に“ただの日記”とか“チラシの裏”なんて揶揄されることもある、個人ブログ。そこに「価値」を見出すとすれば、どんなものがあるだろう。

 

 何よりもまずは、それが「個人」のものであることだと思う。企業でもなく、行政でもなく、その他特定の集団などのどれでもない、一個人による情報発信である点。

 とある一人の人間の意見であり、感想であり、文章であること。月並みだけど、何にも縛られない「個人」の作り出すコンテンツが、誰かにとっては紛れもない「価値」となり得ているのが、インターネットの現在なのではないかしら。

 

個人ブログは、他のどのメディアよりも自由である

 もちろん、情報の速報性や信頼性、専門性などが担保されている他のメディアと「数」で比べてしまえば、全く勝ち目はない。というか、勝負にすらなっていませんね。

 圧倒的な情報収集力と、それを選別しまとめ上げる編集力、専門家による詳細で分かりやすい解説など、メディアのもたらす情報の「価値」は、社会の大多数の人が認めるもの。

 一個人がちょちょいと調べられる情報なんて、それこそ他の誰もが簡単に入手できるものでもあるし、少し何かに詳しい程度では、それを生業とする専門家になど敵うはずもない。情報の「量」や「質」において、個人が発信できるものには限界がある。

 

 しかし、逆に「個人」であることは、何者にも縛られず、自由であるとも言える。

 

 組織化されたメディアほどには中立性を考える必要はなく、割と好き勝手に書いても文句は言われない。当然、最低限のマナーやモラルといったことは求められるが、それすら、強制されるものでもない。

 多くの読者の共感を得るべく、情報を最適化する必要もない。決まった「型」や、「こういう風に書いてくれ」という指示も何もないので、基本的には自由で無問題。アクセスアップを目指すのならば、話はまた変わってくるけれど。

 

 もちろん、最初からターゲットを絞って、特化型ブログとして運営していく方法もあるし、人によっては、そういうスタンスで自ら制限をかけた方が、書きやすい面もあるかもしれない。

 けれど、僕としては、ネットにあまた存在する「ブログ」は“個人の日記“や“記録”であると考えているので、各々が好きに、自由に書いて構わないものであり、むしろそうするべきだと思う。そこで発揮される独自性こそが、個人ブログの価値たり得るのではないでしょうか。

 

あなたの「ネット」とわたしの「ネット」は違うもの

 ところで、情報の発信源の数が限られており、誰もがほぼ同じものを見ているとされるマスメディアに対して、ネットでは、広く一般に普及した現在でもなお、“誰もが同じものを見ている”とは言い難い。

 FacebookやTwitterなど、大多数が利用しているサービスは、確かにある。しかし、そこでも、各々のタイムラインに流れてくる情報には結構な差異があり、一人一人が触れている文化圏は全く別物であると言っても、間違いではないと思う。

 

 人気記事にしても、様々なサービスやメディアによって取り上げられるものは異なるし、ある情報が、時間差でどんどん広まっていくというケースも少なくない。

 散々言われているように、“ネットで話題”と言われても、どこの「ネット」なのかはその言った当人にしか分からないものだ。

 

 先日、ブロガーさんたちとの飲み会でも話題に挙がりましたが、自分たちが日常的に利用しているサービスやアプリなんかは、意外と知らない人が多い、という。

 はてなブックマークなんて、存在すらも知らず、GunosyやNewsPicks、その他諸々のニュースメディアの名前を聞いたことがない人もごろごろいる。ばいらるめでぃあ?なにそれおいしいの?

 

 思うに、大半の人が話す「ネット」とは、主にTwitterとFacebook、GoogleとWikipedia、あとは、NAVERまとめや各まとめサイトなどくらいのものなんじゃなかろうか。

 タイムラインに流れてくるリンクをクリックすることはあれど、その先のニュースサイトやブログを定期購読するほどのことは少ない。自分の目に見える範囲、周囲の話題についていければ、それでおっけー☆という程度。

 

 僕らが思っている以上に、最近の「ネット」は閉じている。
 だからこそ、そこに需要がある。

 

「当たり前」を発信する

 自分にとっては「当たり前」のサービス、ネットでは「常識」とされるスラングやリテラシー。それらを知らない人は、意外と存在する。ゆえに、「当たり前」を発信することには意義がある。これは別にウェブのネタに限ったことではなく、日常生活においても同様だ。

 

 一人一人の人間が生活の中で見ているものは、全く違う。自分にとっての「常識」は、別の人にとっては「非常識」。価値観なんてものは、違って当たり前。

 つまり、「当たり前」はブログに書くネタになる。自分にとっての「当たり前」や「常識」を書き連ねていたら、自然とアクセスが集まっていた、なんて人も少なくはない。

 人が集まったり、コメントを残してもらえたのであれば、それは、その情報を知らない人にとって「価値」のある内容であったという証左と言えるのでは。

 

 このブログの記事で言えば、この辺りかしら。

 

 自分にとっての「入浴 」に関する「当たり前」と、世間の「常識」が違うらしい、という話を聞いて、自分なりに調べてまとめてみたもの。

 「いやーそれはないわー」という反対は当然として、「俺もそうだよー!」という共感の声もあり、さらには「過去の日本の入浴習慣について」といった文化的なコメントまでいただき、その多様性に驚いたような記憶が。いろいろあるんだねー。

 

 また、「当たり前」を書くことによって、それが「あるあるネタ」として注目されるようなケースもある。

 

 知らない人からすれば、「そういうのもあるのか」という発見や気付きに繋がり、知っている人からすれば、「そうそう!そうなんだよー!」といった共感に繋がることもある。

 自分にとっての「当たり前」や「常識」はネタとしても書きやすいだろうし、ブログの記事として注目される可能性も、十二分にはらんでいるものだと思う。

 

 さらに付け加えるとすれば、そこで「独自の視点」を前面に出していくことで、その情報の「価値」を高めることができるのではないでしょうか。

 “無職が語る就職活動”といった、「失敗者」からの視点。あるいは、“油彩と水彩の違いが分からない俺が美術館に行ってきた”のような、「専門外」からの視点。

 別に、成功者の輝かしい体験を語る必要もなく、専門家ならではの含蓄深い考察をまとめる必要もないんです。かえって、どこにでもいる人間の、ありふれた経験や価値観であった方が、身近に感じられていいかもしれない。

 

 求められるのは、「自分の言葉」。ただそれだけ。

 

 せっかく、これだけお手軽に自分のブログを作れて、自由に情報を発信し、気軽に他のユーザーと交流できる環境があるのだから、もっとブログを始める人が増えてもいいのに、と思います。

 

 と、いうわけで!

 ブログ、やろうぜ!(満面の笑み)

 

 

関連記事