読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

【ポケモンGO】金銀アップデート後、街の様子は?プレイしながら歩いてきた

『ポケモンGO』の大型アップデートにより、ジョウト地方のポケモンが登場!金銀のポケモンを探して街を歩いてきた日記。

【FGO終章】2016年を共に駆け抜けた“色彩”と、“存在証明”の物語

『Fate/Grand Order』第一部完結に際して、これまでプレイしての感想をざっくりと。スマホゲーでありながら、紛れもない『Fate』だった。

『Fate/Grand Order』をサービス開始から遊んできて思うこと

iOS/Android向けアプリ『Fate/Grand Order』のイベント「終局特異点 冠位時間神殿 ソロモン」に際して、これまでプレイしてきて感じたことをまとめてみた。

『スーパーマリオラン』の魅力と、無料部分では物足りず課金したワケ

iOS版『スーパーマリオ ラン』のプレイ感想。1,200円の課金は高いかと思ったけれど、遊んでみたら想像以上の完成度とやりこみ要素。これはハマる。

『ポケモンサン』プレイ序盤の感想と、旅パーティにはバタフリーを入れたくなる病

『ポケットモンスター サン・ムーン』のプレイ日記。過去作品との共通点と違い、そのギャップが生み出す新鮮な楽しさについて。

『はがねオーケストラ』はいいぞ!戦車でドンパチする戦略スマホゲーム

iOS/Android専用アプリ『はがねオーケストラ』の紹介・感想記事。「準リアルタイム戦術バトルRPG」を謳ったスマホゲーム。結月ゆかり・弦巻マキとのコラボも話題。

「ポケモンGOプラス」を買ったよ!半日ほどプレイした感想と使い方

『ポケモンGO』の補助デバイス「Pokémon GO Plus」のレビュー記事。ボタンひとつでポケストップと野生ポケモンに対する操作が可能。

カービィとゲーム音楽と『ロボボプラネット』の話

『星のカービィ ロボボプラネット』の感想と、カービィシリーズの思い出話。SDXに始まり、20年ずっとファンです。

「星のカービィ ワンフロアまるごとミュージアム」が最高に可愛くて面白かった

『星のカービィミュージアム』の感想記事。過去作品の企画書やグッズ展示をはじめ、限定グッズの販売も。上野・ヤマシロヤで9月25日まで開催中。

ポケモンGOを東京で遊ぶならこの公園!都内のおすすめスポット20まとめ

『ポケモンGO』について、都内の公園の出現情報をまとめました。新宿御苑、新宿中央公園、代々木公園、上野公園、赤羽自然観察公園、錦糸公園、猿江恩賜公園、浜町公園、日比谷公園、世田谷公園、井の頭公園、駒沢公園、小金井公園、光が丘公園、江古田の森…

【ポケモンGO】ポケストップ密集地帯・上野公園に行ってきた!

上野公園での『Pokémon GO』プレイ日記。ポケストップが多く、経験値稼ぎにはぴったりなのでは?

【ポケモンGO】初心者向け基礎知識・遊び方・XP稼ぎのまとめ

iOS/Androidアプリ『Pokémon GO』の攻略記事。初心者向けの遊び方指南としてまとめました。

ポケモンGO配信開始!遊び方と序盤の攻略法をまとめたよ

iOS/Androidアプリ『Pokémon GO』の遊び方・攻略方法をまとめました。基本的なポイントはもちろんのこと、『Ingress』の視点からも効率的な立ちまわり方を検討。

【ポケモンGO Plus発売!】Amazonのアウトドア商品にリアル課金して効率プレイ

『Ingress』『Pokémon GO』プレイヤー向け「リアル課金」グッズの提案。ガジェット・アウトドア・スポーツ用品など。

『ひとりぼっち惑星』で届く実話や創作、すべての“こえ”を楽しむ

スマートフォンアプリ『ひとりぼっち惑星』の感想記事。メッセージボトルの要素も持った、放置型スマホゲーム。

初めてスマホアプリで泣いた日〜『Deemo』やろうぜ!

iOS/Android向けアプリ『Deemo』の紹介記事。スマホ対応の音楽ゲームながら、ストーリーに泣いた。

『艦これアーケード』プレイ感想と初心者指南・攻略情報まとめ

稼働開始した『艦これアーケード』のプレイ感想記事。ほか、プレイ方法や艦これAC豆知識、店舗の混雑情報なども一部まとめました。

戦略+運ゲー?『ポケモンコマスター』が結構おもしろい

iOS/Android用アプリ『ポケモンコマスター』を遊んでみた感想+攻略記事。運ゲー要素が強すぎると評判ですが、進めてみると「戦略」の重要性もわかってくる……?

『Miitomo』は写真と質問でゆるくつながる任天堂のスマホアプリ

任天堂のiOS/Androidスマートフォン向けアプリ『Miitomo』を使ってみての感想。

クラシカルなピカチュウ!ポケモン セピアグラフィティのパスケースを買ったよ

「ポケモン セピアグラフィティ」のグッズシリーズより、ピカチュウのパスケースを購入。ポケモンセンターメガトウキョーにて。

平成生まれの僕と「ポケモン」との、20年間のおもいで

3DSバーチャルコンソール版『ポケットモンスター赤・緑・青・ピカチュウ』の発売と、ポケモン20周年ということで、自分にとっての『ポケモン』の話をば。

今年買って良かったモノは、噛めば噛むほど楽しい『スプラトゥーン』!

今週のお題「今年買って良かったモノ」について。今年最初で最後で最大の大型出費は、Wii Uと『スプラトゥーン』でした。イカ、よろしくー。

今更ながら『グランブルーファンタジー』に手を出してハマった新米騎空士の話

ソーシャルゲーム『グランブルーファンタジー』を今更ながらプレイし始めて、ハマった。スタートダッシュガチャってなんだよ!課金するしかないじゃない!

『Pokémon GO』発表を見て、いつまでも“ゲーム”でワクワクしたいと思った

iOS/Android向けゲーム『Pokémon GO』 の発表に際して、考えたことをつらつらと。いくつになっても、いついつまでも、「ゲーム」を思いっきり楽しみたい。

初恋のラブレターに、感謝を添えて

小学校に入学した、1年生の4月のこと。キミはボクの前に、春風とともに現れた。

パソコンでゲームを録画&プレイ!キャプチャーボード(GV-USB2)を購入した

パソコンの画面でWii Uをプレイするべく、キャプチャーボード「GV-USB2」を購入。その使用感をまとめた記事。動きの激しい『スプラトゥーン』のような対戦ゲームでもラグの問題なく、快適にプレイできています。おすすめ。

スプラトゥーンを買って10日、FPS初心者として“キレイに汚す”を楽しむ

『Splatoon(スプラトゥーン)』を購入してから10日。めいいっぱいプレイして感じたことを、FPSゲーム初心者の視点からまとめてみた。

スプラトゥーンのせいで、7年ぶりに据置型ゲーム機を買った

『スプラトゥーン』を買いました。数年ぶりに据置型ゲーム機としてWii Uを買うことになり、思ったこと。

【Ingress】ポータルキーこれくしょん

Ingressの「ポータルキー」をまとめた記事。名前、写真、場所など、個人的に好きなポータルをまとめました。

一度は飽きたIngressにハマって今日、やっとレベル8になった

「Ingress」のプレイ記録。たびたび飽きながらも、再度ハマって本日、ついにレベル8に。リアルキャプチャー、リアル課金も体験し、そろそろ脱新米エージェント……かな?

久々に『Ingress』を再インストール&めちゃくちゃハックした

Ingress、再開しました。割といろいろなところに行ったり、普段から動きまわったりしているようなブロガーとは相性が良いと思うのだけれど、どうでしょう。

ポケモンカードのイラスト集が発売!昔のカードから好きな絵を選んでみた

ポケモンカードのイラスト集『ポケモンカードゲーム イラストコレクション』が発売するということで、自分の好きなイラストを30枚ほど選んでみました。「オリジナルカード」なんて黒歴史も出てきて……。

ゲーム音楽おすすめ80曲!ゲーム80作品から厳選してみた

NHK-FM『今日は一日“ゲーム音楽”三昧』の放送に際して、おすすめのゲーム音楽を選んでみました。80タイトルより、80曲のBGMを名曲から最新まで。年代順。軌跡。ポケモン。ドラクエ。FF。古代祐三。植松伸夫。伊藤賢治。桜庭統。下村陽子。

スマホのピアノっぽい音ゲー『Deemo』がすてき!

iOS、Android用アプリ『Deemo』の紹介記事。ピアノ曲の多い音楽ゲーム。ストーリー要素があり、その独特の世界観も魅力的。課金すれば、楽曲パックを購入することも可能。おすすめです。

美術成績「2」の僕が3DSの『新 絵心教室』で遊んでみた

美術の成績が壊滅的な人間が、ニンテンドー3DSの『新 絵心教室』を使って遊んでみた記事。

平成生まれの僕が過ごしたテレビゲームの世界

平成生まれ、ゲームボーイと同い年の僕と、ゲームの話。マリオ、カービィ、ポケモン、スマブラ、マリカー、カスタムロボ、ゴールデンアイ、FF、ドラクエ、テイルズ、など。

【艦これ】二次創作の視点から見た、「ケッコンカッコカリ」について

『艦隊これくしょん』における「ケッコンカッコカリ」システムの是非。二次創作の観点から見ると、世界観の拡張に一役買っているのではないだろうか。

『艦隊これくしょん』に見る、作品の人気と二次創作活動の幅広さ

『艦隊これくしょん』の人気の理由について。元ネタがあり最低限の世界観のみで、二次創作・同人における自由度の高さが特徴的な『東方Project』との共通点。キャラクターの多さ、グループによるカテゴライズという共通点を持つ『アイドルマスター』。