読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

「退職前の“引き継ぎ”が楽しかった」という思い出話

考え事 考え事-仕事・働く

f:id:ornith:20170327194831j:plain

 「年度末」と聞くと、思い出されるのは営業員時代の記憶。前職の同期とはしばらく連絡を取っていないものの、おそらくは「プレミアムフライデー? なにそれ食べれるの?」という具合でもって蹴っ飛ばし、休日出勤かつ連勤に精を出しているはず。

 そもそも営業職にとっての「月末」と言えば、ただでさえ胃が痛くなる時期だ。毎月の売上目標達成は当然のこと。営業成績のより高みを目指して数字を上げるべく、営業マン全員でもって担当地区内を駆けまわる。最近はマシになったらしいが、何年か前は日を跨ぐのも当然だったそう。爆ぜろ。

 

 各々に割り振られた売上分を確保するまで営業所に帰ることは叶わず、最悪の場合……自爆に至る。俗に言う「自爆営業」である。その威力は時と場合、営業所と営業マン個人の裁量によって上下し、数千円程度であれば平気で加算する人もいるとかいないとか……*1むしろ自分たちが爆ぜていた。

 年に12回あるそういった「月末」のなかでも、「年度末」はさながら地獄だ。早朝出勤は当たり前、「朝礼なんざやってる暇はねえ!」と言わんばかりに罵声が飛び交い、最悪な雰囲気の営業所から逃げ出すべく平社員は我先にと営業車で出発し、暗くなるまでノンストップで担当地区を全力疾走する。そのなかでも逐次、売上の状況を上司に報告し、誰かのマイナスは営業マン全員で補填しなければならない。つまり、とてつもなく、ダルい。

 

 ――とまあ、そんなダルみMAXな繁忙期も、慣れれば許容できていたのだけれど。この時期になると、なんとなーく営業マン時代を思い出すのです。なんだかんだで楽しかったよなーと。

 今なら多分、もうちょいうまく立ちまわりながら、仕事を楽しみつつ営業成績も上げられる……と思ったけれど、やっぱり気のせいだった。……無理だ。体力が追っつかない。夏になったら死ぬ。おそらく、お盆休み前のフル稼働を経た翌日の夏コミで腐海に沈む。満面の笑みを浮かべながら。

 

続きを読む

スプラトゥーン2先行試射会をプレイ!マップとジャンプのボタンになかなか慣れない

サブカルチャー サブカルチャー-ゲーム

スプラトゥーン2 先行試射会

 3月3日にNintendo Switchが発売されてから、はや3週間。

 すっかり『ゼルダの伝説BoW』にハマり、メインシナリオそっちのけで夜盗プレイに励んでいる今日このごろでございます。いやー、広いマップを駆けめぐり、ボコブリンに奇襲をかけるのが楽しくて楽しくて……。調子に乗って強敵にフルボッコにされるまでがワンセットだけど。

 もはや「ゼルダで元は取った!」と言わんばかりに遊んでいるわけですが、もともとは「スプラトゥーンの新作が出るから」という理由でSwitch購入を決意した自分。当然、今週末の「試射会」は外すわけにはいきません。眠い目をこすりこすり、早速プレイしてみたので、その雑感をば。

 

続きを読む

秋葉原『カリガリ』でとろーり濃厚&スパイシーなカレーを楽しむ

グルメ グルメ-ランチ

カリガリ カレー 秋葉原

 春うららかな、とある平日のお昼過ぎ。午前中の作業を終えて、お昼休憩ついでに近場を散策しようか……と思い立ち、秋葉原から上野公園へ向かうことに。自分にとってはすっかりおなじみとなったお散歩コース。とっとこと慣れた足取りで、昭和通りを歩いておりました。

 そんななか、ずっと大通りを歩いているのもアレだし……ということで道を逸れたところで目に入ったのが、一軒のカレー屋さん。秋葉原でカレーと言えば、過去に『マツコの知らない世界』で話題に挙がっていた記憶もありますが、どうやら番組では取り上げられていないお店らしい。

 普段ならば「もうちょっと歩いてから決めるべ」と素通りした結果、決めあぐねて牛丼チェーンに入るのが常。ならば、たまには勢いで入ってみよう……ということで、少し遅めのランチをそちらでいただくことにしたのでした。お店の名前は、『秋葉原カリガリ』さん。

 

続きを読む